阿部トマト

2020年4月の日記

4/8
もやしパンなちゃん3 現在85345文字

4/8

www.netflix.com

ペーパーハウスのシーズン4みた
教授の強盗計画と人質救出計画が素晴らしすぎる
でも色恋沙汰のシーンは一切いらないと思う
人生をドラマチックに彩るのが色恋だということは理解している
完璧な計画が色恋によって崩れて見ている側をハラハラさせたいのも分かる
それでもペーパーハウスには色恋はいらなかったと思う
シーズン5では色恋の一切ないシンプルにカッコいい強盗をだけにしてほしい

4/8
ダンベキックバック 5kg/10回×3
ダンベルフレンチプレス5kg/10回×3
ダンベルフライ左右12.5kg/15回×2
ダンベルプレス 左右12.5kg/10回×2

4/7
もやしパンなちゃん3 現在80412文字

4/7
インクラインダンベルハンマーカール 左右7.5kg/15回×3セット
インクラインダンベルカール 左右7.5kg/15回×3セット

4/6

ドロヘドロ Blu-ray BOX 上巻 初回生産限定版
 

NETFLIXで12話まで見た
漫画でいうと1巻〜6巻までみたい
やっぱりマスクってなんかワクワクするよね

4/6

お金の減らし方 (SB新書)

お金の減らし方 (SB新書)

  • 作者:森 博嗣
  • 発売日: 2020/04/07
  • メディア: 新書
 

僕は森博嗣の思考が好きで新本がでるとつい買ってしまう
とは言っても買うのは小説ではなくコラム系のもの
本書は完全にタイトル買いをしてしまった
普通は「お金の増やし方」なのに「お金の減らし方」という
あえて逆をついたタイトルをつけて興味を持たせる作戦だと思いながらも
ついつい買ってしまった
結論から言えばお金を増やすには手に職をつけて自分の能力をあげるのが一番
といういたって普通の結論だった
森博嗣が小説家になったのは趣味の鉄道模型を作るために金が必要だったから
決して小説が好きとかではなく金を稼ぐための仕事して始めたところが面白い
さらに初めて書いた小説を講談社に送ったらすぐに本になるというミラク
仕事の基本は好きなものを作るのではなく良いものを作るのでもなく
買い手が欲しいもの社会が求めているもとを作ること
みたいなことを言ってるところに強く共感した
好きなことを仕事に!みたいなブームが一時期あったけど
好きなことを仕事にするなら好き勝手にはできないことを知っといた方がいい
それが嫌な人は好きなことを仕事にはせず趣味にとどめていた方が幸福になれる
あとは自分の人生の目標を他者に依存しないものにした方がいいという話
誰かと一緒にやるのも楽しいけど人間関係には必ず出会いと別れがある
その度に自分の人生が不安定になるのはあまりにも危険すぎる
森博嗣にとっての人生の目的や成功の定義は自己満足することだそうだ
人から褒められなくても自分が楽しいと思えることを見つけること
それこそが安定した死ぬまで続く幸福なのかもしれない
話は変わるが現在世界は未知のウイルスにより混乱状態にある
これだけ聞くとなんかよくあるSF小説みたいなんだけどこれは事実
今までは仕事を選ばなければ働くことはできお金を稼ぐことができた
しかし今の状態は働くことができなくなりお金を稼げない状況
ちょっと前に「あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなる」を読んだけど
やっぱりあり金は全部使わずに貯金しておいた方がいいと思った

4/6
もやしパンなちゃん3 現在76753文字

4/6
ダンベルスクワット  32.5kg/10回×3
ダンベルカーフレイズ 17.5kg/10回×3
アーノルドプレス 7.5kg/10回×3
サイドレイズ 5kg/10回×3
リアレイズ 3kg/10回×3
フロントレイズ 5kg/10回×3

4/5

デス・ウィッシュ(字幕版)

デス・ウィッシュ(字幕版)

  • 発売日: 2019/02/27
  • メディア: Prime Video
 

金持ちの医者である主人公のブルースウィルスが仕事中に
愛する妻と娘が家で強盗に撃たれて妻は死に娘は意識不明の重症になり
銃の使い方を覚えて復讐を果たす話
主人公は突然愛する妻と娘を失い精神的に病んでしまう
思考はすべて妻と娘と強盗のことでいっぱいだったに違いない
人生とはネガティブな思考から一時的にでも離れる術を
もってるかもっていないかで幸福度がかなり変わると思う
没頭には健康的な没頭と不健康な没頭がある
健康的な没頭は映画や小説に没頭したりスポーツや運動に没頭したり
楽器を弾いたり物作りをしたり料理をしたりゲームをしたりすること
不健康な没頭は酒やタバコや薬物や色恋沙汰に没頭すること
この映画の主人公はネガティブな思考から逃れるために
復讐に没頭するという道を選んだんだと思う
もちろんガチで妻と娘の敵のために復讐をしたかったんだろうが
銃の扱い方を覚えて妻と娘の敵ではなく街の悪い奴を楽しそうに殺し回る
主人公をみていると
目的は復讐よりも妻の死を忘れるために何か没頭するものが必要でそれが
主人公にとって街の悪い奴を殺す自警団だったんだろう
最終的に娘の意識は戻り家に帰るが妻と娘を撃った強盗団がまた家にきて
主人公が全員ぶっ殺してハッピーエンド?的な感じで終了
しかしいくら悪い奴を殺しても主人公の心の隙間が埋まることはないだろう
劇中とエンディングテーマに使われてるAC/DCのBack in Blackがぴったり


4/5

www.lifehacker.jp僕は2019年11月30日から長編小説を突然書き始めた
きっかけは特になく暇だったのと飽きっぽい性格なので
絶対に長編小説なんて書けないと思っていたから
やってみたらどうなるかという実験的な気持ちで書いてみた
むかしから本は読んでいたがビジネス本や哲学書や心理学など
現実で使える実用的なものしか読まず小説はまったく読んだことがなかった
毎日だいたい朝に2時間くらいかけて3000文字書くという習慣を身につけた
今は4月だからもう5ヶ月も続いていることになる
ちなみに長編小説の定義を調べたら原稿用紙300枚12万文字と書かれていたので
12万文字で1冊にするスタイルで現在2冊が完成し今は3冊目を書いているところ
はっきり言って最初の頃よりは楽しさは感じない
これは何を始めても同じで新しいことをやると脳内でドーパミンやアドレナリンがでる
だから当然最初は楽しい
しかし同じことを続けているとドーパミンやアドレナリンは出なくなり
いわゆる飽きるという状態がやってくる
しかしそれでも僕が書き続けられているのは
執筆に没頭することで現実逃避でき心が癒される効果を実感しているからだろう
現実逃避と言うと悪いことのように聞こえるがここで言う現実逃避は
現実で解決しないといけない問題から逃げる現実逃避ではなく
何もせずじっとしてるとネガティブな思考に飲まれそうになることから逃げるための現実逃避のことを言っている
ちなみに書くことは必ずフィクションにすること
ノンフィクションにしたらそれは現実と向き合うことになるので意味がない
フィクションのいいところは何を書いてもいいところ
決められたルールも答えもない
フィクションの執筆はおそらく唯一人間が誰の目も気にせずに自由になれる行為だと思う
リンクした記事によるとフィクションの執筆は作業療法や心理学的観点から見ても
精神への癒し効果があるみたい

4/5

AX アックス (角川文庫)

AX アックス (角川文庫)

 

伊坂幸太郎の殺し屋シリーズ
グラスホッパー、マリアビートルに続く3作目
本作の殺し屋の表の顔は奥さんと息子を持つ文房具屋の営業マンのサラリーマン
変わっている点は作中に殺しの話は少ししか出てこず
ほぼほぼ家族とのありふれた日常がメインだったこと
家族っていったいなんなんだろうか?
友達っていったいなんなんだろうか? 
最後の解説によると伊坂幸太郎は死の不安を書く作家らしい
伊坂幸太郎ってアメリカの作家、ローレンス・ブロックに影響を受けているらしい


4/5
ダンベルスクワット  30kg/10回×3
ダンベルカーフレイズ 15kg/10回×3
ダンベルプレス 30kg/10回×3
ダンベルフライ30kg/10回×3

4/4

翔んで埼玉

翔んで埼玉

  • 発売日: 2019/09/11
  • メディア: Prime Video
 

なんでボーイズラブ

4/4

美術館を手玉にとった男(字幕版)

美術館を手玉にとった男(字幕版)

  • 発売日: 2016/09/21
  • メディア: Prime Video
 

天才贋作画家の実話
普通は偽物を作って本物だといって売って金を得ることが目的
しかしこの人はお金を一切もらわず無償で贋作を本物として美術館に寄付していた
あとは神父のふりをして慈善活動も行っていた
一番気になったのは全く働いていない感じなのにどうやって生活をしていたのか
普通に綺麗な車に乗ってるし画材を買ったりなんでできたんだろうか

4/4
ダンベルスクワット  25kg/10回×3
ダンベルカーフレイズ 12.5kg/10回×3
ダンベキックバック 5kg/10回×3
ライイングフレンチプレス 5kg/10回×3
ダンベルフレンチプレス5kg/10回×3

4/3

www.netflix.com

善と悪は紙一重だね

4/3
ダンベルスクワット  右左12.5kg/10回×3
ダンベルカーフレイズ 右左12.5kg/10回×3
ダンベルロウイング 右左12.5kg/10回×3


4/2
ダンベルスクワット  右左12.5kg/10回×3
ダンベルカーフレイズ 右左12.5kg/10回×3
ダンベルプレス 右左12.5kg/10回×3
ダンベルフライ 右左12.5kg/10回×3
サイドレイズ  右左12.5kg/10回×3
フロントレイズ 右左5kg/10回×3
ダンベルカール 右左12.5kg/10回×3

「もやしパンなちゃんと苦痛の部屋」をA5サイズで上製本してみた

f:id:sanmiri:20200322113236j:plain
abetomato.hatenablog.com

前回はもやしパンなちゃんシリーズ1作目を上製本しましたが
今回はもやしパンなちゃんシリーズ2作目を上製本しました

 

f:id:sanmiri:20200322113009j:plain今回からKindle出版することを考えてEPUPで書き出しできるpagesで書くことにしました
せっかくなので上製本もpagesでやろうと思ったら見開きページの番号を左右に振りたかったんですができずに諦めて前回と同じシメケンさんを使わせていただきました

shimeken.com

f:id:sanmiri:20200322113012j:plain

 

サイズはA5、とじしろ有り、ページ番号を下の外にしてフォントは明朝
一作目はラージタグを追加して文字をやや大きくしましたが今回はそのままにしました
そのままの方が普通の小説と同じくらいの文字の大きさでよかったです

 

f:id:sanmiri:20200322113015j:plain前回は片面印刷しかできないコピー機でやったのでめんどくさかったですが
今回は両面印刷できるコピー機なので楽チン

f:id:sanmiri:20200322113018j:plainA5の紙をセット

www.amazon.co.jp

f:id:sanmiri:20200322113028j:plain

f:id:sanmiri:20200322113031j:plain

f:id:sanmiri:20200322113035j:plain丸まってしまうのが悩み

f:id:sanmiri:20200322113040j:plain

f:id:sanmiri:20200322113043j:plain重い本を乗っけて少しでもまっすぐにしたい

 

f:id:sanmiri:20200322113046j:plain前に使ったギター製作用の治具

f:id:sanmiri:20200322113049j:plain挟んでダンボールカッターで溝を入れて本がバラけづらくします

f:id:sanmiri:20200322113054j:plain

f:id:sanmiri:20200322113059j:plainボンドを塗りたくって乾かす

f:id:sanmiri:20200322113103j:plain
強度アップのためにガーゼ的な物を

f:id:sanmiri:20200322113107j:plainボンドで貼って乾燥させる

f:id:sanmiri:20200322113112j:plain

f:id:sanmiri:20200322113115j:plain表紙を印刷作って印刷


f:id:sanmiri:20200322113123j:plain

f:id:sanmiri:20200322113126j:plain

f:id:sanmiri:20200322113128j:plain厚紙は前回2枚重ねだったがやや薄い気がしたので今回から3枚重ね

f:id:sanmiri:20200322113131j:plainスプレーのりで接着

f:id:sanmiri:20200322113135j:plain

f:id:sanmiri:20200322113139j:plain

f:id:sanmiri:20200322113142j:plain

f:id:sanmiri:20200322113145j:plain

f:id:sanmiri:20200322113149j:plain

f:id:sanmiri:20200322113155j:plain

f:id:sanmiri:20200322113159j:plainカバーフィルムで保護+強度アップ

f:id:sanmiri:20200322113202j:plain

f:id:sanmiri:20200322113206j:plain

f:id:sanmiri:20200322113210j:plain

f:id:sanmiri:20200322113213j:plain

f:id:sanmiri:20200322113217j:plain本文の背表紙にボンドをつけてカバーと接着

f:id:sanmiri:20200322113222j:plainこの凹みにもボンドをつけて丸棒で圧力をかけながら接着

f:id:sanmiri:20200322113227j:plain

f:id:sanmiri:20200322113232j:plain最後にここもスプレーのりで接着

f:id:sanmiri:20200322113236j:plain

f:id:sanmiri:20200322113241j:plain

f:id:sanmiri:20200322113244j:plain

f:id:sanmiri:20200322113248j:plain

f:id:sanmiri:20200322113253j:plain

f:id:sanmiri:20200322113256j:plain

 

長編小説をKindle電子書籍にしてAmazonで販売してみた

f:id:sanmiri:20200221150306j:plain

  

abetomato.hatenablog.com

 

前回は長編小説の上製本をすべて自分でやってみました
せっかくなので電子書籍も作ってみようってことで挑戦
色んな方法を試しましたがこれが一番簡単だと思います

おおまかな流れはこんな感じ
1、macのpagesで縦書きで文字を書く
2、EPUBで書き出し
3、EPUBの縦書き化
4、KDPに登録
5、KDPに出版内容を入力して出版

1、macのpagesで縦書きで文字を書く

f:id:sanmiri:20200319134806j:plain

僕の場合はメインで使っているmacbookproがHigh Sierraのためpagesが縦書き対応していないのでサブで使っているmacbookairがMojaveで縦書きができるのでそっちで書いています
pagesで縦書きしたい人はMojave以降にアップデートする必要があります
ちなみにフォントはヒラギノ明朝ProNのW3で11ptで書いています

2、EPUBで書き出し

f:id:sanmiri:20200319140316j:plain

「ファイル→書き出す→EPUB」を選択
タイトルは好きなタイトルに変更
表紙はKDPで直接アップロードするのでなし
レイアウトはデバイスに合わせて自動調整してくれるのでリフロー型
あとは書き出して完成と思いきやこのままアップロードすると横書きになってしまう
ということで次の工程で縦書きにします

3、EPUBの縦書き化

f:id:sanmiri:20200319141627j:plain

さっき書き出したファイルを「The Unarchiver」で展開する
OPSCSS→book.cssをテキストエディットなどで開いて一番下に下記のコードを追加して保存して再び圧縮して
ファイル名の拡張子を○○○.epubに変えて完成

body {
-webkit-writing-mode: vertical-rl;
}

 

4、KDPの登録

f:id:sanmiri:20200319142011j:plain

Amazonアカウントを持っているならそのままサインインで終了
もってなければ新規作成して作る

5、KDPに出版内容を入力して出版

f:id:sanmiri:20200319142312j:plain

タイトルの新規作成→Kindle本の詳細、Kinde本のコンテンツ、Kindle本の価格設定をしたらオンラインプレビュアーで確認してOKなら出版を押して完了
完了後、1日か2日くらいでAmazonで販売開始されます

登録時のポイント
・デジタル著作権管理 (DRM)はファイルが不正配布されないようにするためなので「はい」
Kindle本の表紙の画像の寸法は 1,000 x 625 ピクセル以上、最大 10,000 x 10,000 ピクセル
・KDP セレクトは登録するとKindle Unlimitedやprime readingで読めるようになる
・販売価格は99円〜20000円
・ロイヤリティは35%と70%を選べる


詩集(仮)

3/15
俺はあまりの腹痛に顔を歪ませ
手をぎゅっと握りしめていた
しばらくすると痛みが引いたので
ぎゅっとした手を開こうとした

しかし手はぎゅっとしたまま
ピクリとも動かなかった
俺はこのあと修道女のマリンと
あやとりをする約束があった

焦った俺は手を熱湯につけた
何故だかはわからなかったが
温めれば開くそんな気がした
しかし手はぎゅっとしたままだった

今度は手を冷水につけた
何故だかはわからなかったが
冷やせば開くそんな気がした
しかし手はぎゅっとしたままだった

修道女のマリンが来てしまった
マリンは俺のぎゅっとした手をみると
聞いた事のない子守唄を歌ってくれた
すると俺のぎゅっとした手は開き
掌の真ん中に小さな花が咲いていた


3/14
俺は近所にある潰れそうな花屋で
おととい腱鞘炎で死んだ
ネズミのボビーの墓に持ってく
花をジロジロと眺めていた

何かお探しですか?
とくに何かを探してはいない
しかし見つかればそれが
俺が探していたものだ

ではタンポポはどうでしょうか?
てめえ俺が安い服を着てるからって
バカにしてんじゃねーよ
タンポポなんて公園で採れるだろ

てめえタンポポをバカにしてんじゃねーよ
タンポポは踏まれようと蹴飛ばされようと
くじけず何度も立ち上がり綿毛になって
風に乗ってどこまで旅をする開拓者だぞ

俺はゆっくりとタンポポを手に取り
しばらくジロジロと眺めていた
このタンポポを俺に売ってくれないか?
いいだろう5ドルと40セントだ

3/13
俺は庭を歩いていると
何かに足の小指をぶつけてしまった
俺はあまりの痛さに飛び上がり
大声で何度もファックと叫んだ

すると隣に住んでいる
性病で旦那に先立たれた
白髪のババアのドロシーが
こんな夜中にうるせえと
俺に向かって怒鳴り散らしてきた

俺は小指にぶつけた何かを拾い
性病で旦那に先立たれた
白髪のババアのドロシーに向かって
思い切りそれをぶん投げた

するとドロシーが静かになった
あまりにも静かすぎて俺は怖くなり
恐る恐るドロシーに近づいた
ドロシーは息をしていなかった

俺はすまなかったと言いながら
ドロシーにフレンチキスをした
するとドロシーは目を覚まし
俺に長いディープキスをした

3/12
俺は崖から飛び降りそうな男に
ライターを持ってないかと聞いた
男はライターはないがマッチはある
と言って俺にマッチをくれた

俺がマッチを返そうとすると
男は俺にはもう必要にないからやる
と言って俺に突き返してきた
俺は天国でも煙草は吸えるぞと言った
すると男は俺が行くのは地獄だ
そう言って崖から飛び降りた

俺はしばらく男が飛び降りた海を
煙草をふかしながら眺めていると
水面にプカプカと男の死体が浮いてきた
俺は男に向かって地獄で煙草は吸えたかい?
と聞いたが男からの返事は返ってこなかった

俺はシャレたビーチのバーに入った
バーテンダーに一番安い酒をくれと言った
すると隣にビショビショの男が座った
男はバーテンダーに一番安い酒をくれと言った


どうやら俺は地獄にも嫌われてるみたいだ
そう言ってビショビショの男は安い酒を飲んだ
だったら天国に行けるようにもう少しこっちで頑張れよ
そう言って俺はマッチを返し地獄へと帰って行った

3/11
俺は火のついた森にいた
火照った俺の体から
盛りのついた汗がしたたり落ちる
俺はいつでも自分の意思で
この森から出ることができる

それでも俺は森から出なかった
正確に言えば出ないのではなく
ただ単に出たくなかったのだ
なぜなら外は凍えるような寒さで
触れると痛い冷たい風が吹いている

すると空から猫が降ってきた
猫はあまりの熱さに飛び跳ねていた
俺は猫をぎゅっと抱きしめてやると
猫は俺の腕の中で眠りだした

俺にはもう森から出る理由がなかった
だがいつまでもここにいてはいけない気がした
なぜなら動かないことは死と同じことだから
俺は眠っていた猫をカウチの上に乗せ
火のついた森を海水で鎮めてやった

火の消えた森はただの森になった
眠っていた猫はそそくさと家に帰った
ここは俺のいる場所ではなくなった
俺は残っていた種火で煙草に火をつけ
次はどこへ行こうかと考えながら笑っていた

3/10
俺は突然の吐き気に襲われ
急いでバスルームへ向かい
バスタブに向かって思い切り
吐き気を吐き出した

すると大きな塊が
ゴロンとバスタブに落ちた
俺はそいつをオーガニックの
シャンプーでゴシゴシと洗い
シャワーで洗い流してやった

タオルで軽く拭いたあと
ドライヤーでよく乾かし
母親のベビーオイルを塗り
俺のお気に入りのコロンを
手首と首筋につけてやった

すると娼婦のマリアがやってきた
あんた何で心臓を持っているんだい
俺はすぐに自分の胸に手を当てた
しかし心音はまったく聴こえなかった

俺は急いで心臓を飲み込んだ
もう一度胸に手を当てると
ドクドクと心音が聴こえた
あんたファックするの?しないの?
するに決まってるだろと俺は答え
一晩中はげしく心音を鳴らし続けた

3/9
俺はウイスキーの中で
苦しそうに溺れるビーンズを
しばらくじっくりと眺めたあと
中指の腹に乗せて救ってやった

ビーンズの皮膚は
半分ほど溶けはじめていて
中からドロっとした何かが
マグマのように溢れ出ていた

俺はそのドロっとした何かを
中指の腹ですくい口に入れた
見た目はガキのおもちゃみたいだが
味は想像を絶する美味だった

俺はすぐにこれをもう一つくれと
バーテンダーに小さい声で言ったが
それはうちのじゃない
あの客が入れたんだと言って
カウンターに座る老人を指差した

俺は老人の隣に座った
おいジジイあれを売ってくれ
1個寿命1年じゃが何個欲しい?
もちろんあるだけ全部くれ
では先に寿命を100年もらおう

3/8
俺はボンネットのなかを
優雅に泳いでいる魚を眺めながら
ランチに食べるかディナーに食べるか
考えながら裸眼でじっと眺めていた

たまに勢い余って壁にぶつかり
跳ねた水が俺の顔に飛び散る
普通の男ならその不快さに顔を歪ませ
すぐにナプキンで顔を拭く

しかし俺は違う
魚を食べたときの快楽への期待が
あまりにも大きかったため
水が顔に飛び散った不快さなんて
俺にとっては屁でもなかった

俺は魚を鷲掴みにした
俺は暴れる魚に痛くしないから
なんて優しい言葉はかけなかった
生きるってのは食うか食われるか
今日はたまたまお前が食われる番
ただそれだけのことだ
そう言って俺はナイフをエラに
突き刺そうとしたときだった

俺は痩せこけた牛に鷲掴みにされた
牛は暴れる俺に痛くしないから
なんて優しい言葉はかけなかった
生きるってのは食うか食われるか
今日はたまたまお前が食われる番
ただそれだけのことだ
そう言って俺は牛に食われた

3/7
俺は知らない奴に話しかけられた
ハロー最近調子はどうだい?
だがどこをみても誰もいない
俺は気のせいかと思い歩きだした

するとまた俺は話しかけられた
ハロー最近調子はどうだい?
俺は胸元から銃を取り出した
どこにいるんだ出てこないと
お前の体を穴だらけにするぞ

しかし誰も出てこない
俺は弾がなくなるまで
そこらじゅうを銃で撃ちまくった
あたりをよく調べてみたが
死んだネズミしかいなかった

俺は知らない奴に話しかけられた
あんたどうして私の旦那を殺したの?
下をみるとネズミが喋っていた
もしかしてさっき俺に話かけたのは
そこで死んでるネズミなのか?

そうよあれは私の旦那よ
それはすまなかったな
謝って済むならチーズはいらない
じゃあチーズを奢るから許してくれ
最高にクサいブルーチーズが良いわ

3/6
俺は箱の中に閉じ込められていた
きのう知らない奴の葬儀に行き
棺桶の中を覗くと柔らかそうな
ウォーターベットだったので
少しだけ休もうと中に入った

目が覚めると体が動かなかった
ただ小さな窓から顔だけは出てる
誰だか知らない奴が順番に
俺の顔を見ては涙を流しながら
ハンバーガーを俺に渡す

きっと死んだ奴はハンバーガーが
なによりも好きだったに違いない
それにしてもなんで顔を見て
誰も違う奴だと気がつかないんだ

死んだ奴の妻らしき女がきた
女は俺の口唇にキスをした
すると女は地獄で会いましょう
と言ってハンバーガーを俺に渡し
でかい尻をふって帰っていった

俺は小指だけ動くことに気がついた
俺は少しづつハンバーガーを動かし
ようやく口まで運ぶことができた
しかしそれはハンバーガーではなく
どうみてもチーズバーガーだった

3/5
俺はピザ屋を部屋に呼んだ
ここは砂漠のモーテル103号室
しかし3日たっても誰も来ない
俺はもう一度ピザ屋に電話した

一体いつになったら届くんだ?
俺は腹が減って気が狂いそうだ
こっちだって必死に運んでるんだ
黙ってセーターでも編んでろ

俺はモーテルのロビーへ行った
毛糸と編み棒はあるか?
今あるのはアダムとイブだけよ
じゃあそれをあるだけくれ

30ドルよ後で部屋に届けるわ
しかし3日たっても誰も来ない
俺は痺れを切らして自分の髪を
マッチで編みはじめたときだった

ピザ屋だ早くドアを開けろ
お前1週間も何をやってたんだ
珍しい鳥がいたから眺めてたんだ
俺は冷えたピザに金は払わないぞ
金はいらねえよ俺は珍しい鳥を
見ることができたから満足だ

3/4
俺は誰もいないビーチを
目を閉じながら歩いてた
潮の香りや波の音だけが
俺の心を穏やかにする

ふと空を見上げると
鳥や蝶が俺の周りを
騒がしく飛び回り
何か伝えようとしている

すると前からでかい女が
目を閉じながら歩いてきた
歩きすぎたのだろうか
女の足は白く濁っていた

あんたどこへいくんだ?
それがわからないのよ
足が行きたい方へ行かせたら
気がつくとここにいたの

あなたはどこへいくの?
それがわからないんだ
足が行きたい方へ行かせたら
気がつくとここにいたんだ

3/3
私は死後の世界から
来たのと女は言った
女はヨーコと名乗った
どうやら東洋人らしい

俺はしばらくヨーコと
暮らすことにした
ヨーコお前はどうやって
現世に戻って来たんだ?

スリーウェイリバーを
クロールで泳いで来たの
橋もあるんだけど鬼に
6ドル払わないと渡れないの

でもなんで現世に戻ってきたんだ
どうしても会いたい人がいるの
私が喉が渇いて死にそうだったとき
パサパサのスコーンをくれた人よ

そいつはパン屋のガブリエルだ
ガブリエルは喉が渇いて
死にそうな人を見るとスコーンを
あげずにはいられない病気なんだ
お願い私をその人に会わせて
ガブリエルは昨日死んだよ

3/2
俺はペットショップの前で
イカれた女が1匹の猫を
愛おしそうに見つめているのを
チーズを食べながら眺めていた

女は私が助けてやると言い
持っていたフランスパンで
何度もショーケースを叩いた
すると女は店主に捕まり
ショーケースに入れられた

俺はペットショップの前で
イカれた男が1匹の女を
愛おしそうに見つめているのを
チーズを食べながら眺めていた

男は俺が助けてやると言い
持っていたフランスパンで
何度もショーケースを叩いた
すると男は店主に捕まり
ショーケースに入れられた

俺はペットショップに入った
動物たちは死んだ目をしていた
俺はその店の店主を現金で
300ドルで買って帰った
翌日その店の前を通ってみると
動物たちが楽しそうに踊っていた

3/1
俺は天井についているシミが
気になって眠れなかった
だから別れた女が置いてった
牡蠣をシミにぶつけてやった

しかしシミはビクともせず
牡蠣だけがゆっくりと
壁を這いつくばりながら
俺の方へと戻ってきた

俺のことは
そっとしておいてくれ
そう言って牡蠣は
自分の殻に閉じこもった

誰かがドアを叩く音がした
ドアをあけると別れた女がいた
女は走って来たのだろうか
激しく眉毛を揺らしていた

私の牡蠣を返して
俺は黙って牡蠣を渡した
どうして殻に閉じこもってるの
傷つくことを恐れてるんだよ
すると女はヒールで殻をぶち壊し
子守唄を歌いながら帰っていった

2/29
俺はこの目で見てしまった
神が死んだところを
パン屋へ行こうと道を
渡ろうとして馬に轢かれた
あっけない死だった

俺はしばらくそこから動けず
仕方なく座り込みチェスをした
いまさらだが俺は神の顔を
見たことがなかった
俺は神の死体に顔を近づけた

神の顔は俺と同じ顔だった
俺はあまりの衝撃に腰が砕けた
しかしよく見ると俺の方が
ほんの少し鼻がでかかった

もう一度よく見ると
俺の方がほんの少し口がでかく
ほんの少し目が小さく
ほんの少しアゴが割れていた

俺は神の顔をナイフで剥がし
パン屋の試着室で顔につけた
クロワッサンをひとつくれ
神からお代は頂けません
俺は今日から神になった

2/29
間違いなくあれは奴だった
3年前やつは俺に恋をし
毎日のようにつけまわされた
警察署に行っても税務署に行っても
どこへ行っても奴はいた

しかしある日を境に突然いなくなった
はじめはやっといなくなったと
俺は喜び毎日がパーティーだった
しかしそれから数日が経った頃だった
なぜか俺は物足りなさを感じていた

気がつくと俺は奴を探すようになった
俺は毎日のように警察署に行った
俺は毎日のように税務署にに行った
しかしあいつの姿はどこにもなかった

仕事も手につかず客は離れていった
飯もロクに食えず胃は離れていった
俺はすべてを失ったような気持ちになり
銃口を口に突っ込み引き金に手をかけた

ふと前を見るとそこには奴がいた
奴は警察署の署長とキスをしていた
俺はどうして突然いなくなったと聞いた
だって恋の期限は3年だから
女はそう言ってまたキスをはじめた

2/29
俺は駐車場でたむろする
若いトカゲのシッポたちを
買ったばかりのフランスパンで
自分の顔を殴りながら眺めていた

トカゲのシッポは
切れてもすぐに再生する
しかし切れたシッポが
どこへいくかは誰も知らなかった

俺はトカゲの切れたシッポが
どこへいくのかを調べろと
大富豪のトカゲから依頼を受けた
だから俺はいま張り込みをしている

突然シッポたちが動いた
シッポたちは夜の街へ向かった
レストランで肉を食い
バーで酒を飲み
路地裏でファックする

トカゲのシッポも人間も
たいした差はないと俺は報告した
すると大富豪のトカゲは
じゃあ今度は人間の切れた足が
どこへいくか調べてくれと言った

2/28
俺は血の跡を追っていた
アナの花屋を東に曲がり
ボブの鳥屋を西に曲がる
ノアの風屋を南に曲がり
エマの月屋を北に曲がる

途中みんなに声をかけられたが
俺は例外なく全員を無視した
だって俺はプロの探偵だから
だって俺はプロの探偵だから

ルークの春屋を上に曲がり
ジョージの夏屋を下に曲がる
マーカスの秋屋を左に曲がり
ジェシカの冬屋を右に曲がる

途中みんなに声をかけられたが
俺は例外なく全員を無視した
だって俺はプロの探偵だから
だって俺はプロの探偵だから

ついに血の跡がなくなった
ここはマリアの魚屋だった
俺は生臭い匂いが苦手だった
俺はすぐに帰ってシャワーを浴びた
だって俺はプロの探偵だから

2/28
なぜ時計は休まないのか
俺はそう思いながら
拾ったミルクシェイクを
口の中で転がしながら
大切に少しづつ飲んでいた

俺たちだって休めるなら休みたい
先週は俺の幼馴染の時計が死んだ
どうやら過労死だったらしい
俺のダディもマミーも過労死
きっと俺もいつか過労死

だったら休めばいいじゃないか
馬鹿野郎もしも俺らが休んだら
お前たちの時は止まってしまう
そしたらお前らは全員死ぬんだぞ

お前が休んでも俺らは死なない
試しに時計を止めてみろよ
もしも俺たちが死んでも
責任はすべて俺がとるから

時計は動きをとめた
なぜ誰も死なないんだ
お前らは時を動かしているんじゃない
お前らはただ時を知らせるだけだ
こんなくだらねえ仕事もうやめだ

2/28
俺は太ももに違和感を覚え
鳥になる夢から目を覚ました
ふと太ももに目をやると
太ももからキノコが生えていた

昨日飲みすぎたせいか
何があったのか何も思い出せない
俺にキノコが生えているのか
キノコに俺が生えているのか
それすらも俺はわからなくなっていた

俺は電話帳を開き
キノコに詳しそうな奴を探した
そういえばストリップバーにいた
ブロンドの女も太ももに
キノコを生やしていた

俺はブロンドの女をみつけた
なんで太ももにキノコが生えるんだ?
知りたいなら50ドルよこしな
俺は黙って50ドルを支払った

生きることに
理由がないのと同じよ
生えたいから生える
ただそれだけのことよ
そう言って女は50ドル分の
踊りを踊って帰っていった

2/27
俺は橋から飛び降りようと
してる女を歌いながら眺めていた
あんた私を止めないの?
2階じゃダメだ8階にしとけ
あんたもしかしてプロ?

きのう俺は2階から飛び降りた
しかし見ての通り俺は生きてる
だからあんたは8階にしておけ
でも8は私が嫌いな数字よ
どうせなら9がいいわ

このビルに9階はない
9階がいいならあのビルに行け
あんたもしかしてプロ?
あのビルは俺が建てたから
間違いはない保証する

じゃあなんであんたは
あのビルから飛び降りなかったの
俺は高いところが怖いんだ
あんな高いところに行ったら
飛び降りる前に死んじまう

じゃあ私はあのビルに行くわ
受付にビリーという短気な奴がいる
そいつに2ドルと40セントを払え
そしたら9階に連れて行ってくれる
あんたって見かけによらず優しい男ね

2/27
俺の目の前に奴がいる
奴は怒鳴り散らしても
褒めちぎっても動かない
俺は死んでるのかと思い
何度も頬を叩いた

俺は奴にキスをした
やつはハローといって
突然饒舌にしゃべりだした
私は痛みを感じないの
でも愛は感じるの

じゃあ俺が愛をやるよ
長い時間をかけて育てた
このリンゴをお前にやる
皮を剥いてくれない?
皮があると私ダメなの

俺は皮を剥いてやった
まだ少しここに残ってるわ
これは皮じゃなくて汚れだ
汚れもとってちょうだい
汚れがあると私ダメなの

俺は汚れもとってやった
もうこんなのたくさんよ
なんでも私の言うことを
聞く男なんていらないわ
早く道をあけてちょうだい

2/26
俺は森の中を歩いてた
どこからか新しい音が聴こえた
たくさんの草をかき分けたが
壊れかけのピアノ以外
なにもみつけられなかった

俺は落ちていた石を拾い
石と何かを何度もぶつけて
新しい音を探していた
しかしそれは見つからず
時間だけが過ぎていった

俺の頭に何かが落ちた
拾ってみるとそれは
高級娼婦の鎖骨だった
俺はすぐに空を見上げると
白頭鷲が俺に微笑んでいた

俺は白頭鷲を追いかけた
奴はホテルのバーに入った
俺は静かに奴の隣に座り
奴と同じものを注文した

俺は高級娼婦の鎖骨を
グラスに入れてかき混ぜた
ついに俺は新しい音を見つけた
ふと視線を感じ隣を見ると
高級娼婦が俺に微笑んでいた

2/25
俺は真っ赤な絨毯の上で
サソリが交尾をするところを
パスタを食べながら眺めていた
俺はどっちがオスかメスか
全くわからなかったが
純粋な目をしてる方を応援した

気がつくとパスタは死んでいた
皿の上で硬くなりトグロを巻いて
トマトスープの血を流していた
しかしかろうじて息をしていた
パセリが愛人に電話をかけた

久しぶりね突然どうしたの?
前から言おうと思ってたけど
お前の家の排水溝にあるものを隠した
俺にはもう必要ないからお前にやるよ
そう言ってパセリは死んだ

女は排水溝に手をいれた
何かが手に触れそれを取り出した
よくみるとそれはセロリだった
女はセロリを丁寧に洗うと
花瓶にいれて嬉しそうに眺めていた

しばらくすると風が吹いた
しかし女の窓は閉まっていた
しかも女の窓は二重窓だった
ふと視線をセロリに戻すと
パセリの花が咲いていた

2/24
俺は常識に監禁されている
常識という鎖が体中に巻きついてる
俺は世間の隙を見て常識の鎖をほどき
全裸になって市役所を走り回った
すぐに警官が来て俺は服を着せられた

俺はキャロットを小指で切る
少量の塩を入れて薬指で混ぜる
火が通ったら中指に乗せて食べた
しかし味は全く覚えていない
一番楽しかったのは皿洗いだった

遠くから犬の声が聞こえる
俺は声のする方へと行った
そこにいたのは老婆だった
老婆は犬の声を出しながら
俺を見つめ小銭をせがんできた

俺は食べ残したキャロットを
老婆の手のひらに乗せてやった
すると老婆は突然立ち上がり
俺にキャロットを投げつけて
飼い主のもとへと帰っていった

たくさんの人間が歩いてる
みんなどこへ行こうとしてるのか
俺は一人の男の後をつけて行った
それから五十年の時が経った
俺は男にどこへ向かってるかの聞いた
男はどこへも向かってないと言った

2/23
ほんの少しでいいから命をくれ
そう言われて俺は少し命をやった
次の日またくれと奴は言ってきた
仕方なく俺はまた少し命をやった
次の日またくれと奴は言ってきた
俺は奴のバッグから命を取り出し
利子をつけて返してもらった

俺は花束に火をつけた
なぜなら花が枯れるところを
見ると悲しくなるからだ
俺は灰になった花束に
お前は誰よりも美しい
そう言ってそっと息を吹きかけた

空に白い粉が舞った
見たことのない白だった
どちらかといえばミルクような
ミルクというよりは母乳ような
限りなくミルクに近い母乳だった

何でお前がここにいるんだ
お前はもうここにはいないはずだ
俺がどこにいようと俺の勝手だ
俺はどこにでも行けるし何でもできる
お前も行けるのになぜ行かないんだ

俺は黙って歩き出した
行き先はわからない
ただどこか別の場所へ
俺は黙って歩き出した
行き先はわからない
ただ母乳の匂いがする方へ

2/22
俺は絶対に死なない
正確に言えば死ねないのだ
ジャンキーの医者に見てもらったら
心臓の周りに毛が生えていて
それが俺を死から守ってるらしい

俺は医者に言った
人を救えないで何が医者だ
俺は普通に死にたいんだ
だったら毛をむしってやればいい
そう言って医者は紹介状をくれた

俺は紹介状に書かれた場所に行った
ここには生き物の気配が全くなく
壁一面が真っ白で気が狂いそうだった
せめてもの救いだったのは
双子の小さな女の子が俺の耳たぶを
ずっと握っていてくれたことだ

ドアが開いて誰かがでてきた
そいつは泣きながら笑ってる
よくみると全身の毛をむしられてた
俺はそいつにキャンディーをやった
この世界はむしるかむしられるかだ
そう言ってそいつは消えて行った

俺はゆっくりとドアを開けた
床にはおびただしい数の
むしられた毛が落ちていた
俺は何度も自分に言い聞かせた
大丈夫俺の心臓には毛が生えている
気がつくと俺は双子の小さな女の子と
泣きながら笑い毛の海を泳いでいた

2/21
俺は雨が降ると知らない街へ行く
街で一番汚そうなカフェに入り
薄めのコーヒーを注文する
暇になると誰かのシケモクに火をつけて
こぼれた灰で人魚の絵を描くんだ

あたし綺麗好きなのと女は言った
じゃあ俺に触れてみろ
俺はたくさんの汚れ仕事をしてきた
どうしてだろうあなたには触れられる
当たり前だろだって俺は
綺麗な奴しか殺してねえからな

俺は退屈だから薪を割る
べつに暖を取るためではない
なぜなら俺の体のなかには
薔薇の心臓が三つあるからだ
心が凍えて死にそうなときは
すぐに俺に電話してくれ
道が空いてれば三日で行く

ウエイトレスは俺に言った
何のために生きてるんですか
しばらく考えてから俺は答えた
スクランブルエッグ卵抜きで
しばらくすると皿だけがきた
俺はウエイトレスを呼んで
皿をテイクアウトすることにした

俺は家に帰った
家といっても知らない家
俺は知らない家に勝手に住んでる
この家には娼婦と老人と警官が
三匹の馬と幸せに暮らしている
だから俺はこの家に住んでいる
俺はこの家が好きでしかたがない

2/21
俺は歩くたびに
床にあるトマトにつまずく
片付ければいいのはわかってる
しかし片付ける暇があるなら
つまずいてもいいから
一歩でも前に進みたいんだ

砂漠を歩く女がいた
どこへ行くんだと聞いたら
みんなが行く方へと女は言った
みんなが地獄へ行ったら
お前も行くのかと聞いたら
もちろん行くわと女は答えた
俺はあまりの恐怖にしばらくそこで
知らないジャズを聴いていた

一人でいると気が狂いそう
だから女は狼の群れの中で暮らした
気がつくと女の腹はでかくなり
顔は猿で体は鹿の赤子を産んだ
女はその赤子を大事に育て
二十歳のときに追い出した

俺は罠にかかった猿鹿を見つけた
五年ぶりの肉に俺は興奮した
すぐに背中に担いで家に帰ったら
猿鹿の母親が俺の家に尋ねてきた
猿鹿を食べると猿になると言われ
俺は仕方なく鹿だけを食べた

俺はホットドッグお前は?
私は塩水だけでいいわ
お前が何か食ってるところ
見たことないがお前は
もしかして宇宙人なのか?
違うわあなたが宇宙人なのよ
そう言って女は星になった

2/20
ドアが開く音がした
奴らがやってきた
俺はバスタブに潜って
奴らがいなくなるのを
ペニスを長くして待っていた

大理石のキッチンには
弱火で温めたシチューがある
俺は一刻も早くそれを食べたかった
しかしそれはできない
奴らがそこにいるからだ

とつぜん雷が鳴った
俺は雷が怖くてしかたなかった
長くしていたペニスは小さくなり
俺の心音は徐々に弱くなっていった

奴らは俺の部屋を荒らしている
何かを探しているようだ
ついにバスルームのドアが開いた
奴らは中に入ると長いキスを始めた

奴らと目が合ってしまった
俺は家賃の支払いを
一日だけ待ってくれと頼んだ
すると奴らは帰っていった
奴らの帰った部屋は
なぜか深い森の匂いがした

2/19
俺は朝起きたらすぐに庭に出る
真夜中に酒に溺れ全裸で寝てる
石や葉を自分の家に帰すために
あいつらは俺の気持ちも知らず
今日もまた真夜中に酒に溺れる

俺は水槽の水をアリの巣穴に流し込んだ
するとアリの警官に尻を撃たれた
俺はまだ親父にも撃たれたことがないのに
腹が立った俺は妹の旦那の猟銃を盗み
夜が明けるまで引き金を引き続けた

音のない時間が長く続くと
俺の頭は大声でしゃべりはじめる
だから俺は奴がしゃべるのを
いつでも止められるように
常に眉間に塩を塗っている

空を見上げたら
大きな女が振ってきた
女は美しい瞳をしていたが
両手と両足がの薬指がなかった
俺はがっかりして
きのう娼婦が忘れていった
花柄のワンピースを着せてやった

今日は小指がうまく動かない
きのう素手でピエロを殴ったからか
だってあいつは俺の大切な静寂を
一歩も動かずに奪っていったから

2/19
俺は黒い球を追いかけて
闘牛の走る高速道路に飛び出した
何度も何度も跳ねられながらも
俺は黒い球を追いかけて
気がついたら俺は黒い球になっていた

女が冷蔵庫のなかで泣いている
俺は女に水をかけながら言った
何がそんなに悲しいんだ
すると女は何も言わず
カッテージチーズを耳に詰めた

俺は将来が見えなくなって
酒場の闇医者へ会いに行った
奴は口はクサいが腕はいい
俺は奴の前で全裸になると
奴は一通り俺の体を愛撫したあと
どこも悪くないと言って
誰かが残した肉を食べた

家に帰るとネズミの夫婦が
キングベッドでファックをしていた
俺はそれを眺めながら
たまった請求書に火をつけて
ロマンチックなダンスを踊った

太陽が死んで月が産まれたら
俺はシャワーを浴びて
まとわりついた今日を洗い流し
明日はきっと良い日になる
と言いながら排水口に詰まった
今日をあつめてトイレに流し
庭に掘った穴の中で眠りにつく

2/18
俺は後ろからいきなり殴られた
地面が生まれたばかりの子鹿のように
不安定に小刻みに震えている
何が起こったのか理解するために
俺はスーパーマーケットでもらった
レシートの裏を覗き込むと
そこには雑草を口の中に入れられた
俺の醜い顔の絵が描かれていた

目がさめると俺は老人になっていた
昨日まではまだ青年だったのに
すると前から老人が歩いてきた
老人は何も言わず俺にツバを吐きかけた
お前は俺の若い頃にそっくりだ
今ならまだ間に合うすぐにここを立ち去れ
そう言って馬の尻の穴に入っていった

俺は海岸沿いをシラフで歩いてた
いちばん潮くさい場所につくと
飲みかけのウイスキーの瓶があった
俺はその瓶に売春婦の家から盗んだ
砂糖をいれ太陽にかざしながら
いつまでも光を楽しんでいた

角部屋に住んでいる
シスターのベロニカが
ムダ毛を剃っているときに
間違って神を殺してしまった
と言いながら全裸でステーキを
食べているとことろを
俺は協会の裏で見てしまった

俺は絶対に飛べると思っていた
だってマムは蝶でダッドは鳥だから
しかし俺は忘れていた
グランパが戦争から帰ってきたら
アリになっていたことを
だから俺は今でも飛べないんだ

2/17
頭が割れるように痛い
まるで頭の中で野ウサギが
踊りながらファックをしているようだ
きっと昨日クギを一気飲みしたからだろう
それとも砂を鼻からすすったからか
祈れば治るなら俺はとっくに治ってる
だって俺にはもう指がないからな

カモシカもスープの匂いがして
2ブロック先の穴へ入ると
隣人の呼吸が手にとるように感じて
気がつくと私はサメになってた

黒にこう言われた
ブラックよ俺とお前は同じ色なのに
なんで俺は黒でお前はブラックなんだ
俺とお前は何が違うんだ?
俺の血にはイタリアの血が入ってるからな
俺はそう答えた

薬指に巻きつけた
ベビーシッターの合鍵は
第二関節をノックし続けて
開いたドアの隙間から
夕暮れの海を眺めていた

売春婦のキャシーから借りていた
ピンク色の小さな懐中時計を
税務署の四階から落としたら
モータープールの底で笑ってた

2/16
ラクダの色した猫くらいの犬に
お前の明日を俺にくれって言ったら
どのツラ下げて言ってんだ
俺の明日は俺だけの物だって言われたんだ
だから俺は落ちていた落花生を
ラクダの色した猫くらいの犬の
豚くらいの牛にねじ込んでやったんだ

2/16
イかれた前髪のケニーっていう女の子が
僕は靴紐を結べるまで待ってくれるんだ
それをみて僕は吐き気をこらえ
夜になれば魚が泳ぐ夜になれば魚が泳ぐ
それを何度も繰り返すんだ


2020年3月の日記

3/31

ストレスゼロの生き方 ~心が軽くなる100の習慣~

ストレスゼロの生き方 ~心が軽くなる100の習慣~

  • 作者:Testosterone
  • 発売日: 2019/11/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

筋トレ界でおなじみの筋トレ啓蒙活動家のtestosteroneさんのストレスに特化した本
まさかの筋トレについては一番最後に1ページだけという控えめな本
言ってることは当たり前のことなんだけど当たり前のことって以外と忘れがち
とりあえずやっぱり筋トレは人生の習慣に入れたほうがいいわ
よし最小限の器具でホームジムを作ろう

 
3/30

www.netflix.com


3/29

www.netflix.com
3/29

www.netflix.com

オザークのシーズン3全部みた
一度悪に手を染めたら終わりだな

3/29

ゼルダの伝説 夢をみる島 -Switch

ゼルダの伝説 夢をみる島 -Switch

  • 発売日: 2019/09/20
  • メディア: Video Game
 

小学生の頃にゲームボーイ版をやったけど当時は難しすぎて全クリできなかった
スイッチ版で今回はじめて全クリしたけどこんな簡単だったのかと思った
で、全部夢オチだったんかい


3/29

塵に訊け!

塵に訊け!

 

チャールズブコウスキーが一番影響を受けたロサンゼルスの作家の長編小説
この本はブコウスキーが書いたと言われても気づかないくらいブコウスキーっぽい
というかそもそもブコウスキーがジョンファンテっぽいのか
俺は俺はを連発するところとか意味のわからない物語とかダメ人間っぽい人がたくさん出てくるところが良い
ではこの本は面白いのかとき聞かれれば全然面白くないけど好きと答える
小説で食って生きたいと思うなら人を楽しませる作品を書かなければならないが
ただ好き勝手に小説を書くなら誰かを楽しませるために書く必要はない
ただ自分が書きたいことをかく
それでいいしそれがいい

3/27

www.netflix.com

人間対人間の戦はわかりやすくていいね
それに比べて人間対ウイルスはわかりづらくて大変だな

3/25

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル

  • 発売日: 2017/03/10
  • メディア: Prime Video
 

ウシジマくんはいい奴だな

3/24

闇金ウシジマくん Part 3

闇金ウシジマくん Part 3

  • 発売日: 2017/02/25
  • メディア: Prime Video
 

人はいつ裏切るか分からねぇ。 だが仲間は大事だ。

3/24

闇金ウシジマくん Part 2

闇金ウシジマくん Part 2

  • 発売日: 2014/10/24
  • メディア: Prime Video
 

5円をバカにすんなよ

3/24

集中力はいらない (SB新書)

集中力はいらない (SB新書)

  • 作者:森 博嗣
  • 発売日: 2018/03/06
  • メディア: 新書
 

簡単に言えば同じことをずっとやってるとつまらなくなるから一つのことに集中するより
たくさんのことを少しづつやったほうが一つ一つに集中できて効率がいいという考え方
ちなみに森先生は1日1時間しか執筆せず6000文字書くという
しかも飽きるので1時間ぶっ通しではなく10分書いてなんか他のことやって
また書いてみたいな感じで1日の中で刻んで書いてるらしい

3/24

最近、理論とか統計とか分析とかを全く信用しなくなったな
自分の目で見て自分の耳で聞いたこと以外は信じない
さらに言えば自分の目で見て自分の耳で聞いたことすらも信じない
信じるとか信じないとかも実際はどうでもよくて
結果的にはただそれがそこにあるだけなんだ

3/23

闇金ウシジマくん

闇金ウシジマくん

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

金が全てじゃねぇが、全てに金が必要だな
純は最後に未來にお金かしてって言わなくてよかったな
肉蝮怖すぎだろ
前の従業員の人出てきてなんか懐かしかった

3/23

www.netflix.com

前に見たけどもう一度シーズン1からシーズン3までみた
金が全てじゃねぇが、全てに金が必要だ

3/22

kiokunashi-movie.jp

おもしろい

3/22

つまらなくて途中でやめちゃった

3/22
もやしパンなちゃんシリーズ3冊目  現在32519文字

3/21

toyokeizai.net

幸福を追求すること。これこそが不幸になる主な原因である。
アメリカの哲学者エリック・ホッファーは言った
とはいっても幸福になりたいと思うのが人間の性
幸福とまではいかなくてもより良くなりたいとか
今より成長したいと思うのは正常なことなんじゃないかな?
ということで今日見つけた記事は日本人が外国人より幸福を感じない理由について
ポイントは自由にある
人はたとえ所得が低くても自分で自分の生活を管理できているという実感があれば幸せだと思える
つまり自分の行動を自分で決めるという自由度があれば幸福度はかなり上がるってこと
ということで単純に働く時間を減らして自由時間を増やせば幸福になれるってこと
あとはボランティアを頻繁にやっている人の方が幸福度は高いのに
日本人はほとんどボランティアをしないのも幸福度が低いことに繋がってるらしい
ボランティアは私は誰かの役に立っているという貢献感を感じ幸福感を感じることができるからその通りだと思う
しかしボランティアをやるのにも時間が必要なので
やっぱり働く時間を減らして自由時間を増やせば幸福になれるってことだよね

3/17

www.phantom-film.com

まず上映時間が2時間50分という激長映画
途中で飽きると思いきや物語がぶっ飛んでるので
このあと何が起きるんだろうというワクワク感のおかげで最後まで見れた
主人公のダニーの妹がガスを直接吸うという斬新な自殺をするが
まさかのガス漏れで両親も死んでしまう
ショックを受けたダニーは民俗学を研究する彼氏と友達と一緒に
スウェーデンのある美しい村に行くが村の実態は古き良きカルト集団だった
最初の衝撃は70歳くらいになったらみんなの前で崖から飛び降りて自殺するところ
これはここのカルト集団の風習で歳をとって苦しむよりも新しい命に生まれ変わった方がいいでしょ的な発想
僕もそれには賛成だけど石にぶつかって顔面がグチョグチョになるのは痛そうだから
次回からは薬で痛みなく死なせる現代の技術は取り入れていったほうがいいと思う
もうひとつは少人数の村だから近親相姦にならないように定期的に外部の人間とセックスさせる必要があり
そのために主人公の彼氏のダニーが今回つれてこられた
なぜダニーかと言うと相手の女の子が顔がタイプだからという超普通な理由
そこはカルトの神的な物のお告げによってあなたが選ばれました!
みたいな特別感があったほうがダニーの彼氏も喜ぶと思う
で、最初は渋っていたけど結局、そのことセックスをするのだがそのシーンがおもろい
ドアを開けると全裸の女が10人くらい肩を組んで歌っている
しかもこの女たちの裸がひどすぎる
デブだし乳は垂れ下がってるしババアもいるし
下には相手の女が股を広げて待っているのでダニーの彼氏は挿入する
というかチンポにモザイクがかかってないんだけどこれはいいのか?
ダニーと相手の女テンションがだんだん上がってくるとなぜか周りの女も
感じ出してアンアンと大声で叫びながらかぶしてくる
そしてその奇妙なセックスシーンをダニーは見てしまい嘔吐する
最後はダニー以外の友達は生贄として殺され燃やされて終了
思ったよりカルト要素は軽めでグロさも少ない
もっとビックリするような風習が10個くらいはあった方が面白いと思う

3/15

23くらいの頃に初めて読んでから資本主義に疲れてきたなと思ったときに読む本
ガンガン働いてガンガン稼いでガンガン消費することに時間を使う人生ではなく
生活に必要な分だけ稼いで生活に必要なものだけを買い自分の自由な時間を一番大切にする
スローライフ、ダウンシフターのために書かれた本
しかしいざ仕事の量を減らし自由な時間を手に入れたと思ったら
やることがなくて退屈でしんどいという人がたくさんいる
特に定年退職した今まで仕事人間だった人は趣味や没頭するものを見つけることに
時間を使ってこなかったためこの状況に陥りやすいという
ということで一人の時間を楽しむためのアイディアが本書では紹介されている
これはそのなかのごく一部

楽器を習う、楽器を作る、散歩、ランニング、ボランティア、料理、瞑想、ドライブ
読書、旅行、映画、プログラミング、テニス、ペンキ塗り、ゴルフ、釣り、キャンプ
自転車、バイク、ゲームを作る、図書館、ダンス、掃除、修理、日記、小説を書く、マンガを書く、服を作る、日光浴、水泳、セックス、水に飛び込む、演技、ガーデニング、詩を書く、手紙を書く、歌い方を習う、星を眺める、家を建てる、外国に住む、ワインを作る、バードウォッチング、縄跳び、洗車、農業、手品、ジグソーパズル

意外と一人になると何をしていいかわからないという人が多い
こんな風に一人のときにやることリストがまとまった本があったら良いと思うな
試しに自分でリスト100を作って全部片っ端からやってみて評価する本でも作ってみるか

3/14

服用危険 飲むと寿命が縮む薬・サプリ (鉄人文庫)

服用危険 飲むと寿命が縮む薬・サプリ (鉄人文庫)

  • 作者:鈴木 祐
  • 発売日: 2019/06/15
  • メディア: 文庫
 

基本的に僕はいつも情報を調べるときは両極端の情報をみるようにしている
片方だけをみると思考に偏りができるからね
本書を書いてる著者は科学的な証拠があるエビデンスがあることのみを書く人
飲むと危険なサプリが紹介されている
ざっと言えばマルチビタミン、ビタミンC、カルシウム、ビタミンA、フィッシュオイル、ビタミンE、ビタミンB群はほぼ効果がなく逆に病気になる可能性もあるってよ

3/14 

ビタミンのすべて: 山本義徳 業績集 6

ビタミンのすべて: 山本義徳 業績集 6

 

ビタミンについて気になったので深掘り
プロテインとってもビタミンとミネラルがないと本来の効果が発揮できない
人間の体内で起こる消化や細胞の入れ替えなどの科学反応が代謝
代謝のときに必要なのが酵素
その酵素を手助けする補酵素がビタミン
ビタミンは水溶性と脂溶性にわかれる
水溶性はBとCで大量にとっても尿ですぐにでるから問題ない
脂溶性はA、D、E、Kで体内に留まるけどたいして問題ない
食事で取ればいんじゃね?と思うところだが
現代の野菜は農薬や除草剤の使用により栄養分が減っているのと
ビタミンCを免疫アップの為にレモンで取ろうとすれば1kg食べなければならない
だからサプリでとった方がいいことはわかるんだけど
人によって何が足りないかわからないので結局何をどのくらい取ればいいかわからない
個人的にはAとCはとりたいと思った

3/14

人の体は水70%、タンパク質20%、ビタミン・ミネラル・脂質15%〜20%、糖質0.5%
タンパク質はボディーで脂質や糖質はガソリン
タンパク質は体重60kgなら最低でも1日60gは必要
目的が体の修復ならもっと多くとる必要がある
どうしても食事で取れなければプロテインで取ること
ビタミンとミネラルは酵素の働きをサポートする大事なもの
しかし摂取量にかなり個人差があるので取ると逆効果になったりもする
書かれている内容はどこにでもある栄養の本だが本書が面白いのは
いかにも不健康な人が多そうなクリエイターをターゲットにしているところ
そういう本はいままでなかったような気がする
後半はクリエーターの健康の悩みQ&Aに対して食事やサプリのアドバイスをしてるが
椅子に座りすぎて腰が痛いとか肩こりとか腱鞘炎とか眠れないとか悪夢をみるとかは
単純にもう楽な仕事に変えた方がいんじゃない?って感じがするけどね

3/11

チャールズブコウスキーの処女長編小説
ブコウスキーは色んな仕事をしながらアメリカを転々としていた
そのなかで一番長く続いた仕事が郵便局員
そんな郵便局勤務の体験をもとにわずか19日間で書きあげられたのが本書
内容はとにかくひどい労働環境の郵便局で働く主人公のヘンリーチナスキーが
女を愛し女と喧嘩し女と別れ競馬と酒に入り浸りゲロを吐き
また女を愛し女と喧嘩し女と別れ競馬と酒に入り浸りゲロを吐く
ブコウスキーの本はみんな大体こんな感じ
読んでも明るい未来が見えるわけでもないのになぜか読みたくなる
小説ってどこか難しいものっていう印象があったけど
ブコウスキーの小説を読むとそんな常識を破壊される

3/10

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド - Switch

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド - Switch

  • 発売日: 2017/03/03
  • メディア: Video Game
 

最後にやった携帯ゲーム機といえばゲームボーイアドバンス
それからゲームはまったくやってなかったしもう一生やらないと思ってたけど
最近の携帯ゲーム機はどれくらい進化したのだろうと思いふとswitchを買って
ゼルダを買ってみて驚いた。画面がめちゃくちゃ綺麗でめっちゃ楽しいではないか
ふと思ったのは子供の頃はゲームをずっとやってると親に怒られるが
本はずっと読んでいても怒られるどころか褒められる
僕もどこかでゲームをやるくらいなら本を読んで何かを学んだ方が良いとずっと思ってた
しかし僕は今までビジネス書、心理学、哲学、芸術、音楽と様々なジャンルの本を
1000冊以上読んだと思うけど何かの役に立ったかと言われると別に大して役に立っていないような気がする
たしかに知識はたくさんついたがその知識を使う場面は日常生活では特にない
結局のところ本も映画もゲームもテレビも僕にとっては
それに没頭し余計なことを考えないためのただの現実逃避グッズでしかない
今回、久しぶりにゲームをしてみて現実逃避を目的とした場合もっともコスパが良いのはゲームだということに気がついた

3/5

 なぜベストを尽くさないのか

3/5

自分にとって最高の生き方とは一体どんな状態なのか?
一番の理想形はベーシックインカムで月10万もらって作りたい物を作り続ける生活
しかしベーシックインカムが実行されることは絶対にないと思うので
現実的なところで言うと出来るだけ働かずに好きなものを作り続ける生き方だろう
本書のタイトルに「あれ、私なんのために働いているんだっけ?」と書かれているが
答えはすごく簡単で働く理由は生きて行く為に必要な金を稼ぐためだ
最近は好きなことを仕事にしようなんて言葉が流行っているが
好きなことをただ好きなようにやってもお金はもらえない
お金をもらうには相手を喜ばせる必要がある
つまりそれは自分がやりたいことを好きなようにやれるわけではないということなので
やっぱり好きなことを仕事にすることは難しいと思う
子供のなりたい職業ランキング上位のユーチューバーだって
自分が好きなことよりも再生回数が上がる動画を作らなければ食っていけないしね
ただし金さえもらわなければ好きなことを好きなようにやることができる
ということで僕は仕事は仕事、趣味は趣味とはっきりと分けたほうが
幸福度はあがると思っている派
本書は幅広い視点で仕事や人生を捉えてる本だが幅が広すぎて全体がぼやけていて
思考がとっ散らかっていて一番言いたいことがなんなのかよくわからなかった
とりあえず自分にとって何が一番大切なのかを考えるきっかけにはなるかも

3/2

〔文庫〕生命の暗号 (サンマーク文庫)

〔文庫〕生命の暗号 (サンマーク文庫)

  • 作者:村上和雄
  • 発売日: 2004/02/17
  • メディア: 文庫
 

DNAには30億の情報が書かれていて本にすると1000ページの本が1000冊分になる
その情報を書いたのはいったい誰なんだよ
完全に長編小説家の素質があるよね
一体いつになったら時を止めたり、空を飛んだり、不死身の能力者が生まれるんだよ
スレシュ博士が作った誰でも能力者になれる注射はいつできるんだよ

3/2

99%の人が気づいていないお金の正体

99%の人が気づいていないお金の正体

  • 作者:堀江 貴文
  • 発売日: 2020/02/13
  • メディア: 単行本
 

「お金は信用を数値化したもの」という言葉は定着してきた
信用があれば仕事をもらえたりお金をもらうことができる
つまりお金を稼ぐには信用を積み重ねる必要がある
信用を得るには周りで困っている人がいたら助けたり手伝うってことを積み重ねること
貯金は無意味というのは銀行に預けても手数料取られるだけだからだってよ
でもペイオフで1000万まで保証してくれるんだから安全な金庫と思えば無意味ではないと思うけど
生命保険が無意味なのはほぼほぼギャンブルだからだってよ
「手取り14万の日本終わってる」に対し「お前が終わってる」と答えて炎上した件も説明されてる
そもそも今の時代、地方で暮らせば手取り10万もあれば楽しく暮らせるし
クラウドワークスで動画編集の仕事をすれば1回4万稼げるしウェブ制作1ページで1万5000円稼げるから余裕でしょっていうことらしい
ベーシックインカムについては結局は国がやるの待ち状態なのでスルー
お金がなければクラウドファンディングまたはplcaで集めることができるってよ

3/1

トリック劇場版 ラストステージ

トリック劇場版 ラストステージ

  • 発売日: 2014/07/16
  • メディア: Prime Video
 

やっぱTRICK好きだわ
SPECも好きだけどTRICK好きだわ
続編が見たいけど山田奈緒子はんのお母さんが死んじゃったから無理か